ご隠居さんの楽天イーグルスとか、ロボアニメ・歴史とか適当に書き綴りたいブログ

自分の趣味の(野球)楽天イーグルス、ロボットアニメ、SF、歴史、その他適当に興味を持ったものについて連々と書き重ねるブログ面白い事は言えません。

セイバー使い始めた人の少し怪しい、2018年楽天セイバー分析 投手編 青山浩二

2018年と平成もあとわずかですね、メッカンダです。

平成最後の年の締め括りは、今年復活して勝ちパとして大車輪の活躍を見せた、楽天の大ベテランこと青山浩二投手です。

去年も後半から14試合無失点で復活の兆しを見せてましたが、今年は安定した投球で勝ちパの一角を担い、福山、松井を欠く中ベテランらしく試合を作りあげていきました。

2017年かな、マウンドに上がると(楽天ファンから)悲鳴が上がるシーンもあったので、よくぞ復活してくれた、という思いも強いです。

 

 

今回から成績の取り上げる項目をホールド、四球、三振、自責点に変更しました。

では、2018年の成績をどうぞ。

  投球回 H 四球 三振 自責点 防御率
2018 48 .2 26 21 37 10 1.85

投球回48回に対してホールドを28回も記録しているのが、勝ちパとしての風格を感じる成績になっています。

ちなみに2017年の防御率は2.30、齢35歳にしてステップアップする投手とは恐れ入ります。

 

 

 

それでは彼の復活劇をセイバーで分析してみましょう。 

f:id:mekameka1:20181231182644j:plain

2018~2017年 青山選手セイバーデータ

さて数値を見てみると、防御率FIPの差に気づきます。そこからFIPと失点率の差を見てみると、-1.50という数値。被BABIPとLOB%も併せてみてみると、確変かもしれないのか・・・、といった感じです。

BB/9は平均より高いですが、WHIPが低いので投球回数から見てみると打者が出塁していない、つまりヒットが打たれてない、ということでしょうか。ただ三振率のK/9が平均的なので打たせて取っているのか?いまいち判断がつかないが、ここに今年度の成績の肝がありそう。

そこで注目するのがK/BB、自分はここでコントロールの良さを表す指標としてみていましたが、三振Pか打たせて取るPかわかる指標でもあるそうです。

青山選手はこの数値が低いので、打たせてとるPということがわかります。このタイプだと被BABAPが低くなるので(黒田などが典型例)、2017年からスタイルが変わっていないことがわかります。

 

 

さて被BABAPとK/BBが下がったということは、打たせて取る投球術をより磨いたということになるでしょう。その理由を探っていきましょう。

f:id:mekameka1:20181231223454j:plain

2018年 青山選手球種配分 @データで楽しむプロ野球様より

今年度で注目したいのは、シュートの割合です。2017年は投球で2% だった割合が、5%も増えています。スライダーとシュートは変化方向が逆ですので、元々スライダーPだった青山選手には大きな武器になります。

というはシュートを組み合わせることで、空振りが取れるスライダー、ストライクが生き、相手に狙い球を絞らせないことができるからです。

 

 

そしてもう一つ、彼の投球内容で目を見張るものがあります。それがこちら。

 

f:id:mekameka1:20181231225831j:plain

2018年度 コース別被打席・打率 @データで楽しむプロ野球様より

彼の得意な対右打者のコース別被打率ですが、かなり外角に投げ込んでいる数が多いのが分かるでしょうか。

内角と外角をシュートとストライクを投げ分けつつ、最後は外角のスライダーで空振りに取るピッチングですね。つまり見せ球、カウント玉としてシュートが非常に生きているわけです。ストレートの空振り率が2017年と比べて2%UPしたのも、その副作用だと思います。

シュートを覚えたことでより打者を打ちとる幅が広がった、というのが今季の好成績の理由でしょう。

来期も個の投球術を生かして、ベテランの活躍を期待したいですね。個人的にこういう渋いベテラン選手は大好きなので、まだまだ活躍を見たいところです。

 

 

2018年もあとわずかですね、来年もちまちまとですがセイバー分析、オープン戦までに更新していければと思っています。年始中にまた更新したいと思います、来年1発目はフランク・ハーマン選手でいきましょう。

それでは皆さん、良いお年を。

 

 

 

セイバー使い始めた人の少し怪しい、2018年楽天セイバー分析 投手編 高梨雄平

予告日より遅れてですが、とりあえず投稿します。メッカンダです。

 

今回は中継ぎとして70登板の獅子奮迅の活躍をした、左キラーの変則サイド高梨選手をとりあげます。

とりあえずまず今年の成績から取り上げましょうか。こんな感じです。

選手名 登板 勝利 敗北 セーブ H 投球回 防御率
高梨雄平 70 1 4 1 16 48 2.44

 

登板数の割には投球回が少ないですね、理由として彼は左打者へのワンポイントとして扱われていたのもあるためです。

とはいえ、今年の楽天の継投の薄さもあり、ワンポイントだけでなく1イニング任されたり、僅差ビハインドや同点時に登板する便利屋的扱いになった結果がこの登板数なわけです。

ルーキーイヤーの去年の防御率1.03と規格外ですが、落とした今年2年目でこの成績とこの働きなら十分立派だと思います。

 

では、そんな彼のセイバー指標を見てみましょう。どん!

f:id:mekameka1:20181220223957j:plain



 

2017年の成績はセイバーでも非常に優秀だとよくわかります、そして成績を落とした今年でもK/9,HR/9,WHIPを見ていると十分優秀な成績だと思えます。特にHR/9はこの登板数で被本塁打1本なので、この成績になっています。

2017年で気になったのがFIPの計算式の下にあるFIPと失点率の乖離防御率の下にちょこんと出てる数字が失点率ですが、2017年はFIPとの乖離が1.71という強烈な数字になっています。被BABIPの数値の低さと合わせると、2017年は運が良くてこの防御率になった可能性もあります。(1年ベースなので、言い切ることはできませんが。)

 

さて続いて2018年の成績の悪化の理由を探っていきましょう。

BB/9とK/BBの差が17年と18年では大きく違うところから、2018年は四球が増えています。この原因を探っていくと、彼の対左右別打撃成績の差にいきつきました。下記画像でお分かりの通り、右打者の対戦成績が左に比べるとすこぶる良くないのがわかります。

f:id:mekameka1:20181222110846j:plain

 

 

この理由は左投げの彼の球種にあります。彼の投球割合をみてみましょう。

f:id:mekameka1:20181222111836j:plain

彼がスライダーを多用するPだと分かると思います。特に2スト以降はスライダーの割合が多く、左殺しの決め球になっています。

右打者に打たれているのは、このスライダーが対右に機能しずらいということでしょう。右打者に対して向かって曲がってしまうので、捉えやすいのが大きいのでしょう。

ちなみに四球の増加ですが、このスライダーでの四球が多いので攻めるか荒れた結果だと考えるのがよいでしょうか。右の四死球が被打数に対しても多いので、右打者は見ていく意識が高いか、投球として攻めあぐねる確率が高い印象があります。

 

彼の今後の課題は右打者対策なので、ほぼ投げていないシンカーを使えるようになるか、シンカーをより高めていけば面白そうです。

イーグルス期待の中継ぎとして来年も活躍してくれればいいね。

 

次回は復活を遂げたスリーマウンテン(解散済み)の一角、青山選手を取り上げたいと

思います。28ぐらいにあげれればと思いつつ、また次回。ではでは。

 

 

 

セイバー使い始めた人の少し怪しい、2018年楽天セイバー分析 投手編 辛島航

皆様こんばんは。メッカンダです。

今回は楽天イーグルス辛島航選手について分析していきたいと思います。

 

ではまず2018年度の成績から。

選手名 防 御 率 S 奪 三 振 試 合 数 投 球 回
辛島 航 4.05 4 9 1 99 23 117 2/3

 

最終的な防御率が4点台とはいえ、9敗は負けすぎなのでは・・・と、思っていると

援護率のデータがそれを証明してくれました。

援護率は悲しみの2.85、以前紹介した則本、岸は4点台なのでムエンゴっぷりが輝く。

そして楽天ローテの若手勢の古川、近藤が辛島より更に援護率が低い、という事実に震えます。

 

 さて続いてセイバー分析のお時間。

今回はBB/9を指標として追加しております。なぜかというのは後述。

f:id:mekameka1:20181211221955j:plain

各指標が優秀か劣っているかを見るために、それぞれの指標の平均を追加しています。

なんとなく数字のイメージがつきやすくなったのではないでしょうか?

 

彼の成績を2017年と2018年を比べると、WHIPが大幅に悪化しているのがわかります。では何故WHIPが悪化したのだろう、と考えているとK/BBの数値の悪化に目が止まりました。

というわけで、四球率のBB/9に注目した次第であります。

ちなみに2018年度の規定に達した他選手のBB/9を下の画像で見てみましょう。

f:id:mekameka1:20181211223041j:plain

比較すると辛島選手は、ローテ級投手と比べると四球の多さで難があるというのが分かります。BB/9でも平均より悪化傾向ですし。

2017年は良かったので、彼自身の制球の問題か、今年に入って対策されていることも考えられるでしょうか。

 

更に彼の投球内容を突き詰めるべく「データで楽しむプロ野球」様の投球内容の項目を17年度、18年度で見ていると興味深いことに、18年度は球種ごとの四球数が万遍なくあがっているのがわかります。

そしてまた面白いことにストレートの見逃し率が20%(17)→28%(18)と、被打率も0.299(17)→0.321(18)と大きく上昇しています。

 

ここに秘密がありそうですね。流石にプロの技術内容まではわかりませんが、ストレートは見逃すまでギリギリまで引き付けるとかやってるんでしょうか。

彼の持ち味はチェンジアップによる速度差を活かしたタイミングのずらしなので、そこの対策の結果として、見逃し率がつながってくるかもしれません。(技術論は詳しくないので憶測になってしまいますが・・・)

 

来年はここの対策の対策が、彼の成績浮上の分れ道になりそうです。楽天左腕のエースとして頑張ってほしいなあ。

 

今回はこんなところで、次回更新は12月15日を予定、したいなあ。選手は考え中です。

ではでは。

 

セイバー使い始めた人の少し怪しい、2018年楽天セイバー分析 投手編 岸孝之

昨日は仕事疲れとやることで更新諦めました、メッカンダです。

さて始めましょう、楽天イーグルスセイバー分析。

 

今回は楽天イーグルスの2大エースの一人、岸孝之選手を取り上げます。

まずは2018年度成績から。

防御率 奪三振 試合数 投球回
2.72 11 4 159 23 159

今年度最優秀防御率を打ち立てたのは流石ですね、この防御率があったからこそ、勝ち星もついてきたという感じでしょうか。

ではさっそく、セイバー分析もドン! f:id:mekameka1:20181204225156j:plain

防御率が優秀なのと比例するように、WHIPも優秀ですね。
前年度と比べて四球数も減っており、K/BBの値からもそれが伺えます。K/9の数値も則本並みに高く、三振も取れて四球もあまり出さず抑えることが出来る、まさしくエースの投球をしていたことが分かりますね。
逆説的に言えば、エースの条件というのは投手を出塁させず、四球を出すことなく、ある程度狙って三振を取ることができるピッチャーということになるでしょう。
そう考えると、コントロールがよく、カウント玉、決め球があれば、エースが狙える投球スタイルだといえるのでしょう。それをするためにプロ野球選手は苦労してるのですから、かなり難しいハードルなんでしょうけど。

さてデータ的に気になるのは、HR/9の高さ。もともとフライPなので飛翔しやすいと言われていましたが、データでもそれを示しています。その影響でFIP防御率とかなり乖離していますね。
ちなみに一番HRを喰らった球団は西武ライオンズの8本。いかに楽天をカモにしていたかが分かりますね。

個人的に気になるデータは本年度の月別成績。 f:id:mekameka1:20181204232043j:plain 7月から調子を落としているのが見て取れますね。投球回も7月からガクンと下がっています。
夏頃から、レギュラーの野球選手にはつらい時期とはいいますが、彼自身の年齢が来年35と野球選手としては衰えも見えてくるタイミングだけに通年で活躍できるか怖いところです。

2度目の優勝が先か、野球選手としての寿命が先か。
来年、再来年あたりが勝負の年となるかもしれません。

それではまた近いうちに。次回は楽天左のエース、辛島でお送りしたいと思います。ではでは。

セイバー使い始めた人の少し怪しい、2018年楽天セイバー分析 投手編 則本昂大

では、早速始めましょう。

楽天イーグルスの誇る奪三振マシーン則本昂大を今回は分析。

 

まず今年度だけだとデータの傾向がわかりずらいので、デビュー年の2013年までデータを拾ってます。

ちなみに今年の成績

防 御 率
3.69 10 11
奪 三 振 試 合 数 投 球 回
187 27 180 1/3

 

門倉ばりの勝敗数ですね、防御率ですが2017年が2.57だったのでだいぶ悪化しております。

さて何があったのか、分析してまいりましょう。

 

今回の企画は、自分がそもそもセイバー計算式の過程を理解する目的もあるため、

単純な投球成績からでる

「WHIP」「K/9」「K/BB」「HR/9」「FIP」「LOB%」「被BABIP」「小松式ドミネーション」を採用しています。(小松式Dは先発と中継ぎ・クローザーを一緒の土俵に立たせるための指標として試しに使っています。)

f:id:mekameka1:20181202235712j:plain

 

さて指標を見てみると、やはり防御率の悪化に比例して、WIHPとFIPも悪化しております。

残塁率を見るLOB%は成績が良かった去年とほぼ変わらず、被BABIPも変わらない(そもそも奪三振を取れる性質があるため被BABIPが上がりづらいのですが)うえ、奪三振率を示すK/9も例年と比べ、そこまで離れておりません。

そう考えると、三振は取れるが打ち込まれる状況が多いということでしょうか。

HR/9の数値の増加から察するに、長打を打たれる割合が増えたのは事実です。2017年の被本塁打11本と比べ、今年は18本の大幅増。

防御率の悪化はここに理由がありそうです。

 

さて2018年の対戦成績を見ると、早速犯人が分かりました。

犯人は、球団別防御率を9点台まで押し上げたペナントレース覇者、「西武ライオンズ」です。

f:id:mekameka1:20181203001700j:plain

 

ネット界隈でも一部で話題になっていましたが、西武は則本の癖を見抜いているという噂が真実味を増しますね。

西武だけ投球回数と打者数が少ないにも関わらず、ここまで防御率を悪化させられているとなると則本は完全に攻略されていることに他なりません。

奪三振が少なく、四球が投球回を考えても多いことから、変化球を見切ってるといった印象を受けます。

 

来年の成績立て直しには、対西武戦をどう攻略するかにかかっているのは間違いないでしょう。楽天に浅村が来たとはいえ、西武打者はまだまだ猛者ぞろいです。

 

こんな感じで進めて参ります。明日は岸で、楽天2年分のデータを使ってお送りします。ぶっちゃけ仕事終わりなので、今日より文章少ないかもしれないけどご愛敬ということで一つ。

 

ではではー。

 

 

 

セイバー使い始めた人の少し怪しい、2018年楽天セイバー分析 投手編 開始のお知らせ

こんばんは、メッカンダです。

 

今年も終わる前に始めたいと思います、わが愛する楽天イーグルスのセイバー分析。

やり方として基本的なデータはネットで集めつつ、こちらで計算して分析出来ればいいなと思っています。

ちなみに怠り気味なブログの更新を増やしたいので、一選手の解析を1日ごとにやろうかなと画策中。僕のやる気が足りるかは、神のみぞ知ることでございますが。

 

今回はこのデータ使いますよと、下準備のご紹介。

baseballdata.jp

から、楽天イーグルスの投手のデータをお借りしています。

 

スプレッドシートはこんな感じ。

f:id:mekameka1:20181201234204j:plain

 

基本的なデータからセイバーの計算をスプレッドシートで行い、その投手と特性を明らかにしていく感じの内容になるかと思います。

 

まずは明日、則本から。

 

 

 

アメリカ旅行 ボストン編

こんにちは、メッカンダことご隠居です。

さてまず初めにブログタイトル変更しました。

色々ブログをいじりたいが、ロボアニメ以外も書きたい・・・という事で。

 

今回はアメリカ旅行で行ってまいりました、3都市(ボストン、ニューヘイブン、ニューヨーク)の備忘録を3編に分けてお送りしたいと思います。

 

 

アメリ旅行記inボストン~ 

まず今回の出発は羽田からロサンゼルスを経由してボストンに向かうルートになります。

ちなみに片道17万円、たけぇ・・・。

日本人だらけであまり海外にいく感じはない中、ロス到着。

で、乗り継ぎターミナルはどこ?・・・無事迷子です。

カウンターと往来を何度行き来して、ようやく到着。

ロサンゼルス空港はターミナルが何個もあるので要注意ですね。

 

f:id:mekameka1:20180924235608j:plain

ロサンゼルス空港のご尊顔、ハブ空港ゆえの巨大さで来るもの惑わせる。

 

ボストン空港につき、飯でも食って向かおうと思っていましたが、空港近くほんとなんにもないので、タクシー直行。

黒人の運ちゃんのに乗りましたが、スキャナーへのカードの通し方がわからんかったり、色々テンパる。

そんなこんなでホテルに着いたはいいが、今度フロントがいない・・・え( ^ω^)・・・。

ホテル連絡先に電話かけても通じないわ、フロントの閉まる時間が迫るわで、内心「どうすりゃいんだ」状態。

仕方ないので、通りすがるホテルの客に話しかけてみると、フロントは別の場所だと丁寧に教えてくれた。こんときほど人にやさしくしてもらってありがたいと感じた時はなかった。

なんか色々グダグダしましたが、とりあえずホテルに入りその日は終了。いや22時間ぐらい飛行機乗ったしモウムリ‐。

 

f:id:mekameka1:20180925000002j:plain

 

 

2日目

安心と信頼のセブンイレブンで見慣れたカップ麺を購入、レンジで調理するのがアメリカ式らしい。

地下鉄で、ちょっともたつく。あっちは1日乗車券方式だそうで。知らずに片道でそれぞれ買ってしまい、軽い無駄遣い。散っていたお金を思い泣く。

f:id:mekameka1:20180925000304j:plain

 

 

 

ボストン市内到着したら、まずは公園へ移動。

というのも、ボストン観光名物はフリーダムトレイルという史跡巡り。道路のレンガの目印を頼りに、博物館、教会、墓地etc.と様々なものをみれる方式になっている。

墓地も教会もボストンで一番歴史が古いとのことなので、なかなか歴史がある。

墓地の墓石、デザインがちょっと凝ってて昔から墓石を装飾する文化があるんだなあと思いながら鑑賞。墓石に髑髏描くのはありなのか?と東洋の感覚だと思ってしまう。

 

教会も幻想的な雰囲気が◎、仕切りはイギリス式だそうで。(国教会風らしい)

 

最古の学校校舎(中身はオフィスとステーキハウス)を通り過ぎ、次に向かったのは独立博物館。

教会に併設されており、力んで解説全読みしてたら1時間以上経ってしまう痛恨のミス。あっ、展示はボストン茶会事件とその後の歴史の流れを追っていくボストンの郷土史になってます、かろうじて読める程度でも面白い人には面白い内容だと思える。

奴隷制廃止運動者はどうもボストン出身者が絡んでるのか、そういう展示も多かった。

 

いい加減腹が減ったので、そこらへんのイギリス料理屋で昼食。

メニューのパスタを頼んだら、出てきたのがこちら↓

 

f:id:mekameka1:20180925000506j:plain

パスタの定義が問われる、真ん中の漬けるソースが上手かったんだけどいかんせん量がアメリカンサイズなので、おなかはエイリアンの卵が植え付けられたような違和感。

 

重いお腹をなんとか動かしながら、市内を再び移動開始。

時間がないので、博物館やら記念館、教会は外観を拝見するだけにとどめ、さっさと移動。

市内から橋を越えて、目指すは・・・USSコンスティチューション!

 詳しくはwikiみればわかりますが、世界最古の現役軍艦で帆船、みるきゃないでしょ?

 

結果→IDチェックができないと入れません。

なん・・・だと・・・。(AA略

パスポートを置いてきたら、こうなるとは。(涙)海軍兵士の元気そうな掛け声を背に浴びながら、トボトボと別の船着き場に移動。

もう1艇係留されているのは、駆逐艦カッシン・ヤング。まあせっかくなので、見てくとWWⅡ時の装備などや資材やらがみれて、なかなか面白い。

カミカゼの記述もあり、そのせいで対空機銃が増設されたと解説が。

f:id:mekameka1:20180925000730j:plain

USSコンスティテューションの貴重なお尻、中も見たかったなあ。

その後USSコンスティチューション博文館じっくり眺めていて、気づいたら閉館時間。

とりあえず駅まで戻って、帰宅。

帰りの時点で時差ボケのせいでバイオリズムで眠くなってきたので、飯も食わず速攻入眠。

 

 

3日目

 早く寝たせいで3時過ぎぐらいにおきるも、ソファーでゴロゴロしながら過ごす。

チェックアウトする前のかたずけの時、貼り紙の「ごみは持ち帰れ」の文言を真に受け、ゴミ捨て場を探しに行く。案の定見つからない。

なのでカウンターに拙い英語で質問しに行くと、「部屋に置いといて」とのこと。なんじゃそりゃ。

 

電車で市街地をぬけ、目指すはフェイフェンパーク。生憎レッドソックスの試合はやってないので、外周ぐるりで終わり。というか、ボストン・ニューヨークどちらの日程でも現地試合と日程かぶらないのはおかしい。神よ忖度しろ。

 

f:id:mekameka1:20180925001109j:plain

彼らは1930~40年代のレッドソックスの立役者テッド・ウィリアムズ、ボビー・ドゥアー、ドム・ディマッジオ、 ジョニー・ぺスキー

 

地図を見たら意外と歩ける距離なので、そのままボストン美術館へ強行軍。鳩よりはるかにでかい水鳥が公園にたむろしてるの、ザ・アメリカって感じ。

ボストン美術館の威容。アメリカの暦でも平日なはずだが、そこそこ混んでる。まあ世界的にも有名と聞いているし、なにより展示数が桁違い。

もう作品と解説を真面目に見てると疲労するだけなので、写真を撮りがてらサクサク見回る。というか、こんなところでタブレットのカメラ性能が大事になるとは思いもしなかった。撮ってる最中は気づかなかったが、半分近くはもうブレブレ。

ASUSェ・・・と思いながら、昼近くになりランチにダッシュボストン美術館内のランチスペースは店員の愛想もよく、非常に快適だった。気にかけてくれるあまり、サイズがでかいピザを休みをはさみながら食べていたら、皿をもってかれそうになったのはご愛敬。

 

f:id:mekameka1:20180925001650j:plain

 

 

各展示をできる限り巡回しながらまわるも、今思い出そうとするとすっかり忘れているので反省。やっぱ解説とかみないと脳内で紐づかないね。

ニューヘイブン行きの電車の時間もあるので、16時半ぐらいに早めの退散。 

最寄駅からネットで買ったamtrackの電車の停車駅に到着。チケットに何番線とか書いてないのと、電工掲示板に表示がないのでさっそくチケット売り場に突撃。

めんどくさそうに、あそこ行けよと指をさされたので到着20分前ぐらいに改札ゲート(人力)に突撃。チケットは電子化しているのに、改札に人がいるなんて考えてみりゃ奇妙だ。アメリカの電車は時間を守らないだのなんだの、日本のネットの風評被害も関係なく定刻通りに到着。

 

車掌さんがチケット巡回する中で、駅が「あと何駅だよ」っぽいことを教えてくれたのは素直にありがたかった。電車で優雅に風景を見ようと考えていたが、歩き疲れすぎて爆睡。

7時になってもなかなか暮れないアメリカの夕暮れを、amtrackの電車は走る。

そしてようやく暗くなった8時過ぎの空、ニューヘイブンに静かに僕は降りたった。

 

ニューヘイブン編へ続く

 

f:id:mekameka1:20180925001913j:plain